JAASアカデミー
TEL
お問い合わせ
一般社団法人 JAAS日本アンチエイジング外科学会
月間JHM「健康と医療」+電子媒体
貴社の商品、機器とクリニックとのマッチング支援
JAASご入会はこちら
JAASアカデミー講習会受講者規約 同意書
技能認定
認定医
医大生・インターン研修医の方へ
受講者の声
海外研修時の注意点
ドクターブログ
DR池田塾 ライブ講座レポート
JHMアーカイブ
Live Surgery アーカイブ
JAASアカデミー教材

第1回 Dr Joeの美容整形ライブ塾

第1回 Dr Joeの美容整形ライブ塾

JAASアカデミーでは4月4日(日)に第1回DR JOEの美容整形塾を開催します。
シリコンインプラントを挿入するケースはまだあるものの、手術の技量や術後のリスク管理など避けては通れない。
術者の技量によってはバック挿入によるトラブル(被膜拘縮など)ケースが少なくない。
また米FDAではその寿命をおよそ10年としており、シリコンバックの破損も生じかねない。
こうしたことから最近では、「シリコンバック摘出」を希望する患者も少なくなく、
そのリカバリーに脂肪注入などを充填する再生豊胸術が目立ってきている。
プライマリー患者からも「プチ豊胸術」を望む傾向になってきたが、
豊胸用ヒアルロン酸製剤や充填剤アクアフィリングなども日本の関連医学会でも注意喚起を出すようになっている。

詳細はこちら

Doctors LABO
JAASコンサルティング
モデル募集
Copyright (C) JAAS ACADEMY. All rights reserved.